Nanami     6年半のニューヨーク生活の後、東京でシンガーソングライター活動 ロンドン在住 2児の母


by nanaken4
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

c0062495_7391593.jpg


ママ友とおうち遊びの時に便利なデリバリーのランチ。
今日はピザ、頼み過ぎた~。
しかも、コールスローまっずー。

今週はハーフターム。
この国は祝日が少ないからなのか、
学期の真ん中で1週間休みって言う制度があるようです。

さて、うちの鬼むすめもナーサリーがお休み。
イヤイヤ期最高潮だし、やだなーと思ってたんだけど、
娘が泣くのを見て気付いたんです。
甘えたいんだなー、と。
ナーサリーで2ヶ月頑張ってきて、彼女なりに疲れやストレスが溜まっていたのでしょう。
たっぷり甘えさせてみました。

ご飯作ってる最中に、粘土遊びに引っ張られれば、ご飯作るの諦めてとことん付き合ってみたり。
抱っこ抱っこ抱っこー、の攻撃にもとことんこたえてみたり。
いつもならストレスMAXの夕ご飯タイムも、のんびりテレビ見ながら食べてみたり。
とにかくわたしがキレないように心掛けて…。

すると娘にも変化が。

泣いても泣き止むのが早くなり、
機嫌がなおるのも素直~になってきた。
まだまだ殴られたりもの投げられたり、ひどい時はひどいけど、
だいぶ私も娘も余裕が持てて過ごせるように。
はー、よかった。

また来週からナーサリーがんばろね。
ママもとことんおウチであなたのストレスうけとめますー。
by nanaken4 | 2011-10-29 07:21 | ロンドン生活

これだったのか…魔の

c0062495_6343636.jpg


ごろーん、ごろん。
1ポンド。
安っ。
アメリカのウォルマート系列のこのスーパー、他より力入れてハロウィン売り出しやってますわ。

旦那さん曰く、
イギリスはアメリカに比べてハロウィンそんなやらないし、
サンクスギビングも無いから、
ハロウィン、サンクスギビング、クリスマス、というこの年末に向けての怒涛のイベントの始まりが感じられず、
つまらん、と。

確かにアメリカのハロウィン、
すごかったなー。パレードも楽しかったし、
サンクスギビングやクリスマスもファミリーにとっては更にビッグイベントで、
学生だった私でも、
冬の寒さ、暗さで落ち込むのを、吹き飛ばすような楽しさというか
パワーがあった。

でもアメリカはショッピング大好き、が基本だから店やショッピングセンターの
盛り上げにやられてた部分も多いにある。
イギリスの人は素朴で物をあまり買わないらしいので、
そういうイベントもアメリカみたいに必死になって派手にはしないのかなー。


さて、娘。
始まったみたいです。
いや、もう始まっていてもう落ちついてきてたか?とも思ってたけど、
違った。
これがホントの、


魔の2歳児、
というやつか。


正確に、水曜日の夕方からスタートしました。
ほんっと、すんごいかんしゃく泣き地獄。
きっかけはズボンが自分で脱げない、とか、
あのお菓子が食べたい、けどママがミカン食べようと言う、とか、
ヤクルトが飲みたい、けど無い、とか。
かなーり些細。

もう一旦泣いたら何してもだめ。
立ったまま抱っこを1時間弱、強要。
その間えんえんとかんしゃく泣き。
話しかけると、エスカレート。
私がキレると更に悪化。
週末はパパがいたから少しマシだったが、
ご飯も食べが悪く、
歯磨きも拒否。
今日はついに大好きなお風呂まで拒否してきた。
ふう、明日からが思いやられるー。
今週はナーサリーがお休みだし。泣

そんな時、ネットですごいものを見つけた。
それは詩。
子供を亡くした母親の詩だそうだ。

泣けて、明日も頑張ろうと思えたので、
少し抜粋します。


「最後だとわかっていたなら」
作・ノーマ コーネット マレック / 訳・佐川 睦

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても 分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして私達は 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも 明日は誰にも
約束されていないのだということを
by nanaken4 | 2011-10-24 07:08 | ロンドン生活
c0062495_4445668.jpg


もうすっかり秋は深まり、
冬に足を踏み入れているロンドンです。
この時期特有の、新鮮な冷たい風や
真っ青な秋晴れの空、
久しぶりに焚いたヒーターの匂いで
センチメンタルになるのが私はたまらなく好きです。
新しい季節を愛でる、日本人独特の感覚なのか。
同時に、
ロンドンにやってきた当初のあの冬の日を思い出させる新鮮な空気感も混ざって、
喜怒哀楽では表せない懐かしいような不思議な気分になるのもまたよろし。
10年前にニューヨークに降り立った冬の夜の空気感も忘れられませんが。


さて、
週末は仲良しの娘のお友達のバースデーパーティーで、わいわいしました。
豪華で美味し過ぎる手料理の数々、
楽しい仲間たちとギャハハワハハと、
子供達も大人達も最高にハッピーなひととき。
私は子供達のヒーロー、アンパンマンの巻き寿司と、串焼きを作りました。

そんななか、
今ピンチに立っております。
ぎっくり背中をやってしまいました。
今日で発症5日目。
なのに、
昨夜は夜中に激痛で目が覚め、帝王切開以来の歩けないほどの痛み。
そんな中、ママ友たちが聖母マリアのように私を助けてくれています。泣
今日はそれぞれの名前の後ろにマリアをつけて呼ばせてもらいました。笑
海外に来て、こんな友情に恵まれるとは本当に感動して泣けます。

こんなに恵まれてるけど、
とりあえずなおったら腹筋と背筋は手に入れないと、と思いますー。
ぎっくり繰り返さぬためにー。涙


c0062495_4445911.jpg

ママの愛情たっぷりだね。


c0062495_445225.jpg

マリアママ、私にまで愛情分けてくれました。
by nanaken4 | 2011-10-12 04:12 | ロンドン生活

31歳、収穫あり。

c0062495_621171.jpg


週末に誕生日を迎えました。
31歳。
30代になった去年ほど特にショックとか無く、何を買ってもらおうかなーということで頭がいっぱいでした。

ハロッズで欲しかったバッグを買ってもらい、
ココロレストランで美味しい寿司ディナーをして、
幸せな誕生日ウィーケンド1日目。
2日目は行ってみたかったリッチモンドの日本人パティシエのお店でケーキを買って、
まだ足を踏み入れて無かった広大な公園、リッチモンドパークへ。

今、ロンドンはインディアンサマーと言うらしいのですが、
1週間ほど夏が戻ってきたような暖かさ。
長袖でダウンベスト着てたのに、また夏服だーい。

というわけで、リッチモンドパーク。
それが広過ぎて迷ってしまい、
行きたかったプレイグランドに行けず。
駐車場もどこもいっぱいでなかなか止められず。
やっと着いた、どこか知らない森の中にてご飯とケーキ!
と思ったらシートを忘れ、
あるものでなんとか座る場所確保して気を取り直してランチ。
ランチはあんまり美味しくなかったけど、
ケーキは最高!
モンブラン(皿が無いからランチの入ってた容器(T_T))と4種類のプチケーキのセット(娘がほとんど食べた)。
やっぱり日本人て素晴らしー。

願いを叶えてくれる家族に感謝の誕生日でした。


そしてそして、私の誕生日に日本では幼なじみの結婚式が。
私に出来るスペシャルプレゼントは歌なので、心を込めて送りました。
少し前に、娘のナーサリー中に2日で急いで作って録音したので、質は高く無いかもしれないけど、
とても喜んでもらえてよかった。

久しぶりの録音で、かなり低音部分が出しにくく、筋肉の衰えを感じました。
やっぱり歌うのも筋肉なんだ。
コーラスだけで週に5個のグループで歌ってた学生時代は、どれだけ歌っても平気だったのに。

ということで、娘のナーサリー送り迎えが一日80分運転時間がかかるので、
娘が乗ってない時は喉の筋肉を鍛えることにしました。
って、ただカラオケするだけなんだけど。笑
アンジェラアキを歌うととてもいい発生練習になります。

鍛えると言えば、そろそろ体も鍛えないと。
妊娠、出産でぶよーんぶよーんになり、
ここ最近の車生活でさらにぱっつんぱっつんなので。
年末に日本に帰って、
誰?
ってことにならないために。
とりあえずホットヨガだねーー!!
by nanaken4 | 2011-10-04 05:27 | ロンドン生活