Nanami     6年半のニューヨーク生活の後、東京でシンガーソングライター活動 ロンドン在住 2児の母


by nanaken4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0062495_8174990.jpg


行ってきたどーー。

ハロッズ。

写真を家に帰って改めて見ての感想。
「小公女セーラの世界に来たんだー、私。」
漠然と。
幼少期にハマって、よくセーラを自分におきかえてかわいそうな役を演じる妄想をしていたのを思い出した。

というのは余談ですが、
ハロッズ、さすがの貫禄でしたー。

どどおお~ん!!
って感じの音が聞こえてきそう。

三回ぐらい車で前を通って、かなりの存在感にワクワクしてましたが、
やっぱ人気観光スポットなのね。
日曜日だからか、中はすごい人。
ジーンズで入れないとか、聞いた気がしてベビーカーもあんまりいないのかなーとか思ったけど、全然大丈夫だった!
バックパックを背中から下ろすように言われてる人はいたけど。

見たかったハロッズグッズにたどり着くまでに、結構ぐるぐるしてしまい、
なんかワンダーランドを巡っているかの様な、
うわー、って何回言ったかな、って感じの

なんていうんでしょう。
さすがデパートの頂点、ハロッズのプライド?みたいなものを感じたと言うか、
「我々の伝統は廃れさせませんし、
お客様に夢を与え続けますから、私達。」
っていう、イギリス人の商売魂を見た様な、
嬉しくなったひと時でした。

確かに、イギリスは店員さんが優しいのはニューヨーク長かった私には涙ものですが、
ハロッズに行って、それをMAXに感じました。
だって、会計終わったら、そのレジのお姉さん、
「次はどこか行くところがあれば案内しましょうか?」
って。
すごいでしょ。
日本のデパートのレジでも言われた事ないよ、そんなこと。

そんな私のワンダーランド、
ハロッズで娘に買ったラブリィなハロッズベア。
これまた、フカフカで
愛嬌バツグン!
大事にしようねー。

c0062495_8175093.jpg

by nanaken4 | 2011-02-28 07:25 | ロンドン生活

飲茶マイラブ

c0062495_6423587.jpg

二度目のセントラルロンドンはチャイナタウンとSOHO。
週末行ってきました。
目的が、
「飲茶を食べる」
だったものでね。


日本がやっぱり何でも一番美味しいと
思ってしまうことはありますが、
飲茶は日本ではなかなか無いのではないでしょうか。
横浜中華街の招福門の飲茶食べ放題は
唯一私達が日本で見つけた飲茶で、
良く行きましたが、
あそこは温かいジャスミン茶が無い!
冷たい飲み物の飲み放題とチャーハン、スープの食べ放題はあったけど。
やっぱ中華にはあのでかいポットの茶でしょー!

ということで、
ロンドンの飲茶に大きな期待をしていたのです。

期待通りでした。

中華街そのものはニューヨークより小ぶりできれいな感じ。
旧正月がちょうど終わりで
飾り付けを取っている最中。
ちょっとなんか淋しい…。

私達が行ったのは
Golden Dragon という飲茶のあるレストラン。
人気みたいでいつもは並ぶみたいだけど、
ほぼ開店直後で一番乗り。
ハイチェアーがかなりボロボロだったことを除いて、味良し、サービス良し。
ワゴンでくるタイプの飲茶で無く、
オーダー制のため、食べたいものが食べれたのもGOOD。

私のランキングは、
一位、ウニ餃子のロブスタースープ
二位、小籠包(ニューヨークのジョーズシャンハイの方が上。)
三位、北京ダックのやつ(名前不明、餅みたいなドロドロの細長い水餃子みたいな…)

デザートもまぁまぁ。
ロブスタースープは、かなり感動的な味。

娘を連れての外食がだいぶ最近
しやすくなって来た、とはいえ
写真を撮る余裕は無く。あしからず。

SOHOは娘がベビーカーで寝てくれたため、
ゆっくり歩けました。
ちょっとかわいい服屋さんで、
「極度乾燥しなさい」以上に気持ち悪い日本語を書いたTシャツを見つけて爆笑したぐらいで、
他はぶらぶらーっと街を見て、
ベビーブランドの Mamas&Papasを発見して、二階にカフェがあったので入ってみると、
やったね、穴場~!
すいてるし、コーヒーとか安いし、
ベビー連れ基本だからおもちゃやベビーフードもおいてる!
娘はここで他のベビーの声で起きて、早速バナナビスケットを購入。
これからここは使えそう。

ロンドン、どんな街かわかって来たよー。
次はハロッズに行きたいなー。

さぁ、また一週間がんばらないとー!
by nanaken4 | 2011-02-22 04:18 | ロンドン生活

ジンボ~♪

c0062495_11577.jpg

娘の最近の親友。
左はご存知、しまじろう。
パペットになっていて、いないいないばぁをしたり、
しっぽを引っ張らせて嫌がってみせると大喜びします。
そして、右がイギリス来てからうちにやって来た我が家のヒーロー、Gymbo(ジンボ)です。

わが町パットニーのExchangeモール内にある、
子供のプレイグループ(有料)に毎週火曜日45分の16〜22ヶ月児のクラスに通っていて、その初回登録特典でついてきました。

日本では保育園主催のゼロ歳児クラスに通って、お友達と遊ぶ機会を作ったりしてましたが、
こっちのローカル無料系はまだ勇気が出ず、
そして、来る前からネットで知り合うことが出来たお友達ママがGymboreeに誘ってくれて、
一緒に通い始めたのです。
このママ、たまひよのネットで知り合ったのだけど、
私と同い年で子供も同じ月齢。
しかも名前が一字違い!
なんと旦那さんも同じ勤務先で、
住むところも超近い。
メールで色々やり取りしてたし、初めて会った日から意気投合で、
友達探しで苦労する人も多いだろうに、私はとってもラッキーでした。
たまひよWeb、使えるー!

娘とは、一日中家に閉じこもっていると
かなりストレスフルなので、
毎日車でどこかへ出掛け、もしくはお外のうちのまわりで遊び、
週一でジンボリーに行くというリズムが出来ました。

ジンボリー、
ウェストエンドの俳優志望かと思われる先生が、突然歌いだしたり、話しかけたり、
家では無理な大型遊具やたくさんのおもちゃで遊んで、他のお友達とも関われて、
娘も大満足。
ジンボリーはグッズも充実してて、
クラスで使ったおもちゃで食いつきが良いと買いたくなる、というシステムと思われます。
私も、シャボン玉のめっちゃ玉がいっぱいでるやつ(いつも先生が最後にバブルタ~イム!と言って使い、子供達釘づけ)をいつ買おうかと思案中…。
by nanaken4 | 2011-02-16 23:46 | ロンドン生活

長い一日

c0062495_536525.jpg


月曜日は旦那さんが4時に起きてドイツへ行きます。
娘もつられて今日は早起き。
五時半。
ま、いつも6時だからそんなに変わらないけど、
週末の疲れや、切り替えが辛い月曜日はこたえますー。

長い長い午前中。
一通りやることもなくなり、
9時には車でお出かけ。
パットニー駅周辺をぶらぶら。
ちょうど娘がベビーカーで朝のお昼寝をしてくれたので、今日は
のんびりゆったり買い物できました。

写真はパットニーブリッジから撮った
テムズ川。
今まで車では通ったけど、
車から降りないと川が見えなかったので、
散歩がてら行ってみました。
なかなかいい風景!



c0062495_536899.jpg


朝が早かったせいなのか、なんなのか、
只今原因不明の胃痛と頭痛発生中。
動くと痛いので、ソファで固まってます。

娘も早く寝たし、お風呂入らないとー。
by nanaken4 | 2011-02-15 05:24 | ロンドン生活

疲れてる人を癒す場所

c0062495_6335479.jpg


旦那さんが二月はほとんどドイツに行ってしまい、
イギリスで娘と二人の生活で
疲れとストレスが、かなーぁり
溜まっていたと思われる私。

週末は帰ってきてる旦那さんに娘を預け、
先週は一人でスーパーでゆーっくりじーっくり買い物して解毒。

今週はビセスター・ビレッジという
アウトレットへ連れてってもらいました。
アウトレットもよかったけど、
この風景、

どうっすか!?

羊だよ。この点々。

さすが、アウトレットへの道。
アメリカのウッドベリー行く時も確か
道に鹿がいたりしたような…。

この風景が
えんえんと続く道をドライブ、しかも
娘は行きも帰りも寝てくれて、
さすがに癒されました。はい。

週末の解毒で、
かーちゃんまた頑張るからねー!


c0062495_6335781.jpg


こんなとこも。

c0062495_6335846.jpg


えんえんと続く大草原。
by nanaken4 | 2011-02-13 06:20 | ロンドン生活

金曜午後のひととき

c0062495_0355750.jpg

更に伸びた、増えたぜクロッカス。

そして、

c0062495_036157.jpg

家の周りを馬が巡回してゆく…
何者?
絵になるからいっか。

あ、これはセントラルロンドンで見た馬と兵隊さん。

c0062495_036430.jpg


今日は午前中、急遽病院へ。
鼻風邪がなかなか治らず、夏にやった副鼻腔炎になったかもしれないと。
それか花粉症かも、と。
娘もついでに受診(^^)
南診療所と呼ばれるところで、
慈恵医大と提携しているとこで、
うちからも近いしとってもいい小児科の先生。
五反田で通った医院の先生も素晴らしかったが、
ここは日系ママにとってのDr.コトー診療所に違いない。
子供がいると、病院はよく行く場所なので、コトー先生がいると安心です。
by nanaken4 | 2011-02-12 00:10 | ロンドン生活

春がきますね。のHi!

c0062495_8204638.jpg

私の車は、Aygoと言うTOYOTA車で、
日本のヴィッツを小さくした様な
かわいらしい小回りのきく小型車。

そこは気に入ってるんだけど、
ただひとつ、
トランクもめちゃ小さくて、日本から持ってきたベビーカーが入らない!
仕方なく後部座席にギリギリ押し込んで
毎回買い物の度にエイヤーッて引っ張り出してた。

そんな流れもあり、
新しいベビーカー、マクラーレンをついに購入!
日本でも色んな国のカッコいいベビーカーが流行ってるけど、
やっぱりマクラーレンがダントツ多いと思う。
マクラーレンはイギリスのブランドなのでこっちで買うと半額ぐらい!
ということで、迷わずマクラーレンに。
トランク入るし、新しいベビーカーなら
娘の機嫌も違ってきそうで
期待大!

早速、届いてからすぐに
「ぶっぶー、ぶっぶー」
とせがんでくれたので、お散歩へGO!
家の回りを散策。
低い太陽の強い日差しをいっぱい体に当てながら、
どてかい豪邸のお庭をチラ見したりして
ぐるっと周って家まで来ると、
家のすぐ前のちょっとした野原に
何やら花が満開になってて
めちゃキレイ!!

c0062495_8205044.jpg


写メで実家の母に聞くと、
春の訪れを告げるという、クロッカスとのこと。
確かにここんとこちょっと寒さやわらいでたからなー。
私達の他にも、花を見つめるマダムがいて、その顔はとても嬉しそう。

ここの国の冬も長いのだね。
春がきますね。と、
通り過ぎる時の「Hi」に含まれていたかの様な挨拶ができました。
ニューヨークの冬も長くて落ち込んで春になるとよく元気になったもんなー。
でも、ひとつ大きな不安が…。
アメリカで発症して、日本では出なかった花粉症が、こっちではどうなるのか!?
そろそろ怖いよー。
今引いてるこの鼻風邪はもしや!?

c0062495_8205319.jpg

by nanaken4 | 2011-02-09 19:19 | ロンドン生活

極度乾燥(しなさい)

c0062495_1733766.jpg


昨日の土曜日は、
またキングストンへ
家族でぶらぶらしに行きました。

こっちの無印良品のお店を見て、
TGIFridaysでランチを食べて、
(日本でもアメリカが恋しくなるとよくお世話になった)
帰りにはアタリヤと言う日本食材店で美味しいと噂のお刺身を買って帰るのが
昨日の目的。

どこも初めて行く場所でしたが、
期待通り。
これから使えそうです。

そして、思わぬ収穫(?)がありました。
無印と同じモールに入ってたこのブランド。
無印やユニクロが日本語で看板出てるから目を引くのと同じ感覚で、
でかい日本語が!

Superdry 極度乾燥(しなさい)


?????

なんじゃこの店。
一見アバクロとかホリスターみたいな雰囲気の服が置いてある。
気になり過ぎて入ってみる。
店の陳列棚のあちこちに意味不明な日本語がちりばめられ、
Tシャツやパーカー、かばんなど商品にも気持ち悪い日本語が…。

「連合仕事の供給」

「堅い天候会社」

とか、他にももう読むのも不可能なものも。

旦那さんと、
気になるねーこのブランド。
と言って、もちろん何も買わずに店をあとにしましたが、
今調べてみると、ベッカムからダウンタウンの浜ちゃんまで、セレブが愛用してるみたい。

ニューヨークの韓国料理屋のメニューにあった、
必死で入れました感満載の
惜しい日本語の表記を思い出したけど、
これは完全に適当に調べて、採用しちゃった、日本人に見られたら、とかそういうのは一切関係ない、
変な日本語のタトゥー入れちゃうみたいな、
そっちのノリでした。

きゃーこれ見て。ウケるー!とか言いながら、
すごく楽しめる店です。

http://www.superdry.com/

c0062495_1742381.jpg

by nanaken4 | 2011-02-06 16:26 | ロンドン生活

世の母達へ捧ぐ

c0062495_23114796.jpg


今朝の日の出前。
7時20分頃でこの暗さ。
今日は娘が5時半に起きたもんだから
一日が長い長い。

最近寝起きの機嫌が悪く、
目覚めと同時に9キロの荷物をかついで
(娘をおんぶの意)
朝の支度をせねばなりません。
最初のトイレに行くのも
靴下をはくのさえままならないこともあります。

世の中の母達は、
世界中で朝から戦っているのです。
雨に濡れた道路が
朝焼けに照らされて、何とも綺麗に
光っていたこの一枚を
世の、戦い傷つきそれでも戦う母達に送ります。
by nanaken4 | 2011-02-02 23:00 | ロンドン生活