Nanami     6年半のニューヨーク生活の後、東京でシンガーソングライター活動 ロンドン在住 2児の母


by nanaken4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

創作活動と感動

c0062495_23163294.jpg


妊婦らしい創作活動始めました。

へっへー。
お腹のタローにくつを作りました!

あ、タローは胎児ネームです。
男か女かまだわからないんだから、IKKOにしときなさい、と母に言われて
IKKOはかわいくないので、今新しい名前を考案中。

編み物は、慣れちゃえば何にも考えずに没頭できちゃってなかなか良いです。 
このくつは、よく見ると相当へたくそなのでよく見ないでください。汗

実家に帰っていた間、赤ちゃんを産んだばかりの友人に2人会えて
ゆっくり色々体験談を聞いたり、もう使わないからとベビーグッズを頂いたり♡
やっぱり持つべきものは友。
赤ちゃんが、友達が席を外している間にギャーって泣いちゃって、
何もできず、めっちゃおろおろしちゃいました。あぁ母になれるかしら。

4か月に入りましたが、吐き気はほとんどなくなりました。
嵐がだいぶ過ぎた感じ。
においに敏感で苦しんでいたのもだいぶ平気に。
口の中は引き続き熱を帯びており、
食べ物の好き嫌いはまだあるが、納豆がまた食べれるようになったり、肉も徐々にオッケーに。
体重が増え始めて、下腹も出てきて、歩き方ものっそのそ。
あと、面倒なので髪を短く切ったはいいけど、なんだか全身の毛が毛深くなってきました。きゃあ。


ところで、みなさん御存じでしょうか。
このストラップ。

c0062495_23481781.jpg


母子手帳と一緒に市役所からもらえる、妊婦ストラップです。
席を優先的に譲ってもらえたり、禁煙に協力してもらえたりするということで、
これをかばんにつけて外出するようにしているのですが、
週末に初めて電車で席を譲ってもらっていたく感動しました。

自分が妊娠してみて、どれだけ体が辛くなるかがわかったので、
最初は堂々とこのストラップをつけていたのですが、
結構見ても寝たふりする人がいたり、このマーク自体が浸透してないのか気づいてもらえず、
あ、お腹の出ていない妊婦に対する意識ってこんなもんなのか、とか、
普通の人からしたら、「お腹に赤ちゃんがいます。」だから何なの?って思う人も多いのかなー、と
勝手に思ってました。
だからなんとなくこのストラップをつけるのもあまり堂々とできないというか、つけるのをやめたりしていたのですが、席を譲ってくれたカップルは「どうぞ、座ってください!」と、とても快活で、
疲れて座っていたかっただろうに譲ってくれた彼に、「すみません。ありがとうございます。」と心をこめて言いました。
本当にうれしかったのです。
同じ日に、このストラップをつけている人を初めて見つけて、それもまたなんだか仲間意識か、
嬉しかったです。
by nanaken4 | 2009-02-23 23:50 | 妊娠日記

理性・・・ちょっと有リ

c0062495_0244383.jpg


前回の日記で、妊娠中につき理性が無いことをお知らせしたのですが、
「ちょっと気をつけてるのよ。」という感じのテイストで今回はいきたいと思います。


ノンカロリーの炭酸水にキンカン入れたよ。
っていう飲み物です。

お風呂上りに思いついてやったら、

「う、これはうまいっ!!!」


夜になると唾液が出てこなくなって、口の中が熱を帯びてきて、
不快感極まりないので、しゅわっとするものやすっぱいものが欲しいの~。

ばあちゃんが煮て食べるように、とくれたキンカン。
どうもあの甘ったるそうなのが作る気になれなくて、
うーーーーむ、とにらめっこした末、ナマでかじったらこれが
酸っぱいのやら甘いのやらで、美味しいんですよ。


ところで、今日ぼーっと昔のブログを読み返していて、
大学での苦悩の日々やら、ニューヨークの写真やらが懐かしく
ああ、このブログ続けてよかった~。と思いました。


明日からは実家でしばし静養です。
by nanaken4 | 2009-02-16 00:37 | 妊娠日記

理性・・・無し

c0062495_1141850.jpg


引き続き、つわりんぐ。

妊娠中は理性がない動物になると思ってください。とのこと。
たまごくらぶ参照。

確かに。底なしなんです。

胃が。

極端な好みで。

お腹がすくと、ゾンビ化。

たまに旦那様に電車に乗せてもらって出かけると、
ゾンビ化。
ケーキをむさぼり食います。
前は甘いもの、そんなにだったのに。

夜になるとゾンビ化。
唾液が出なくなる症候群でジタバタし始めます。

ゾンビ、ゾンビ、ゾンビ、ビィ、ビィー♪
by The Cranberries

そんなゾンビィな私の今まで食べたケーキの中で一番おいしくてたまげたのがこれっ。
c0062495_11192247.jpg


六本木ヒルズにあるカフェ、HARBSで食べたフルーツのミルクレープ。
まず、でかい!サイズはアメリカンね。
フルーツが最高に新鮮!日本は豊かな国だ。アメリカじゃこんな甘いフルーツない。
ああ、もう一瞬で食べ終わりました。
クリームちょうどいい甘さっ。
妊婦の味方!

今、サイト見たら名古屋が本店なんだっ!
http://www.harbs.co.jp/harbs/
ってか、結構有名なのかな。

体の変化とともに、心の変化も目覚ましく、
街を歩けば、ついつい子供に目が行くし、テレビでも子供関連のトピックが気になったり。
新しいめがねで世界を見ているような気分。

今までクリエイティブになること、自分にしか出来ないことをやることを目指して
音楽をやったりしていたけど、
比べるのもおかしいのかもしれないけど、
人間を一人産み出すことほどクリエイティブなことってしたことないわ、と
この一大プロジェクトを前にひざまづく思いです。

理性なくして、本能を見つめる、本能に気づくいい経験かもしれない。
そのチャンスをもらえたことに感謝。


・・・。

ああ、そろそろ終わりたいのだけど、まとまりのない日記だこと・・・。
by nanaken4 | 2009-02-12 11:33 | 妊娠日記

可能性

c0062495_1037856.jpg


毎日家から出て散歩するようにはしているのだけれど、
駅や電車など人ごみに行くと不安になるので、移動は今のところ徒歩圏内の私。

でもやっぱり都心は散歩してても大通りとかに出ちゃうと、やるせなくなります。
ぶおーって車の音以外聞こえず、マスクをすり抜けて鼻をつく排気ガス。
山は見えず、代わりに空をふさぐは首都高。
小さな子どもたちが見とれているのはアダルトビデオ屋の電光掲示板。
絶対ここでは子育てしたくない。

やはり田舎を持ち、愛するものとしては、将来いくらでも都会に住めるのだから
子供のころは山に秘密基地作ったり、
泥団子と野花をお土産に持って帰る思い出は恵まれた財産になるという思いがあります。
田舎はただの不便な場所という認識しかない大人にはなって欲しくない。
のですが・・・。


週末は連れ出してもらって、銀座に友達のショーを見に行ってきました。
「蟹江杏とお絵描きサーカス団」という、お絵かきとミュージカルが融合したショーで、
ニューヨーク時代からの古き友達で、
NYでも東京でも大活躍の尊敬するダンサー麗子ちゃんが出演していました。

ステージの床も壁も真っ白で、ストーリーが展開するとともに
そこに絵描きの蟹江さんや出演者、そして来場している子供たちも途中から参加して絵を描いていくのですが、
ポップで夢があって笑えて感動できる、子どもたち大はしゃぎのひとときでした。
音楽もハイレベルなミュージシャンたちをそろえていて、安心で素敵な空間を作り出してました。

ショーの最中ということも関係なく、ステージで夢中にお絵描きする子供たちというのは
なんだかほっとする光景でした。
都会に住んでいようが、どこに住んでいようが、
小さな可能性をどんどん広げられるのが子供の力。

今読んでいる本で「アナン」というのですが、ゴミ袋に捨てられた赤ん坊を
自殺しようとしていたホームレスが育てて行く物語で、親が子に与える可能性、
子がその可能性を広げる夢がたくさん描かれていて
励まされます。

そんなことを考えながら今日も散歩に行ってきまーす。
by nanaken4 | 2009-02-03 10:37 | 妊娠日記