Nanami     6年半のニューヨーク生活の後、東京でシンガーソングライター活動 ロンドン在住 2児の母


by nanaken4
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日の一言。

「苦しみつつなおはたらけ、
安住を求めるな、
この世は巡礼である」

最近暇あれば本を読むことにしている。
電車の中。
昼休みアンパンかじりながら。
寝付くまで。

この厳しい言葉は
ある作家の人生の苦難の深さを説明する中でこの言葉が引用されていたのだけれど、
安易に安定に逃げることを奨励する現代社会では
こんな言葉は嫌われそうだけれど、
この言葉を支えに、物を作り出し、世に認められた人がいるというのは
心得にしたき思いである。

その次のページにはこんな言葉もあった。

「解釈を拒絶して動じないものだけが美しい。
これが宣長の抱いた一番強い思想だ。
解釈だらけの現代には一番秘められた思想だ。」

なるほどねぇ。
by nanaken4 | 2008-03-18 23:04 | 私のもの思い

けふ

日本に来て半年、以上たちました。
いまだに浦島太郎子(たろこ)ぶってる感は抜けませんが、
ライブを月に一度以上はやってみて、
色々足を運んだり、輪を広げようとやってみたり、昼間は会社で働いて、それ以外は活動、というリズムを作ったりして、ここらで一区切りっちゅうかんじです。

こっからはどう満足して納得して毎日生きていくか、
何が表現できるか、いや、何が出てくるか、ん?出すか?

人と関わってる時間全部、それは音楽をやってる時間よりも大切。
人がいるから音楽をやろうとおもうんだし。
言葉や、動作、人を大事にする気持ち。自分を大事にする気持ち。

自分を謙遜する気持ちは人を敬うことで出てくる。ひがんで出てくるんじゃない。

コミュニケーション能力ですな。

きのう読んだ、室生犀星の「昨日いらつしつて下さい」という詩集が寝る前に突き刺さって、
そのまま今日は仕事してても頭がぐるぐるしたので、昼休みに、説教されたくて三浦綾子と瀬戸内寂聴を購入。

人の心に刺さってみたいですな。

以下室生犀星

時計でも
十二時を打つとき
おしまひの鐘をよくきくと、
とても 大きく打つ
これがけふのおわかれなのね、
・・・
けふが地球の上にもうなくなり、
ほかの無くなった日にまぎれ込んで
なんでもない日になって行く。
茫々何千年の歳月に連れ込まれるのだ、
・・・

このあとの 「みなあれから」という詩にもいたく感動。

真実を人の心に突き刺す。そんな活動がしたいです。
by nanaken4 | 2008-03-01 00:16 | 東京生活について