Nanami     6年半のニューヨーク生活の後、東京でシンガーソングライター活動 ロンドン在住 2児の母


by nanaken4
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一歩一歩。

c0062495_10494449.jpg


今週は色々と忙しくて疲れてます。

半年振りに美容室へ・・・。
学生だから・・・とか言って言い訳をしながらも、美容師さんにかなりびっくりされ、
恥ずかしかー。

それもこれも今日のコンサートのため、だったのですが。
例のシューマンの。
全体的には、良かったです。息もけっこう合ってたし、
先生も褒めてくれました。
でも!
はあ。一曲止まっちゃったんです。
16曲の中盤。
えー!この曲で?
終わってから先生がそれでもすごく褒めてくれたので
おもわずぽろぽろ涙が。
バリトンの相方にも、「ほんと、君とはやりやすいよ。」って言ってもらえたし。
またまた成長できたわいさ。

昨日は昨日でコーラスグループの走り回る系パフォーマンスがありまして、
またそっちはゆっくり書きたいと思います。

とっても波が激しい1週間であります。
by nanaken4 | 2006-04-28 10:52 | 大学時代

春のシューマン日和

c0062495_11264113.jpg

本日の最高気温、ぬわっ、26度!(゜ロ゜)
てへ、最近顔文字覚えました。
遅デビュー。

今日は学校に行って一日バリトンのS君とリハーサル。
来週リサイタルなんですぅ。
内容はこの春の季節にぴったりの、シューマンのソングサイクル(って日本語で歌曲集?)、Dichterliebe、邦題「詩人の恋」。詩はハイネ。
16の短い歌曲からなるせつないロマンティシズム満載のすんばらしい作品です。
前に音楽史のクラスで分析した時も、いいなーこれ、と思ったけど、実際演奏してみると、酔いしれます。
シューマンがクララと結婚した年に作曲したらしいんですが、情熱的で妄想癖が激しくてとにかく切なく美しい。
弾き終わるとほろりとする曲もいくつかあって、
S君に「Don't cry.」とかジョークで言われてます。

最近伴奏が多くて、やっぱ一人で弾いてるより楽しいなーと思えるようになってきた。
きまるとこがかっつん!ときまると、「ひゅー、気持ちいいぃ!」ってかんじで、感動も分かち合えるし。
うまい子とやると勉強になるし。
S君もすごくうまいので、びしばしといっぱい教えてもらってます。

そんなこんなで暇があったら見に来て下さーい!ヽ(^▽^@)ノ

4月27日木曜日
12:30PM
City College(139th St. & Convent Ave.)
Shepard Hall Rm.95

*写真はユニオンスクエアなりよー!
by nanaken4 | 2006-04-21 11:28 | 音楽のこと

春といえばイースター

c0062495_11583755.jpg

いい季節になってきましたねぇ。
きょうもぽかぽか。っていうか、暑っ!
NYの長い長い冬が終わりました。

さて今日はモーンディー・サーズデー、キリストが処刑される前の最後の晩餐の日です。毎週歌ってる教会ではコーラス隊は恒例で、かり出され、歌ってきました。
キリストは処刑されて3日後の日曜日に復活します。(復活祭=イースター・サンデー)
私はキリスト教じゃないので、前々から不思議に思ってたことを友達に聞いてました。
復活した後、キリストはどこへ行くの?
教会でも復活するとこまではよくお説教で話を聞くけど、その後のことはあんまり聞いたこと無くて。友達によると、あまり僕も知らないとか言われて、えーー!
ちなみにその子は韓国人のクリスチャン。
たぶん天国へとのぼって、私たちのために天国の準備をしてくれた・・・みたいなことを言ってたけど、いろんな説があって複雑なんだとか。
宗教ってむずかしい。
歴史と似てるけど、そこに信じるか信じないかっていう個人の判断で真実になるかどうかが決まるわけで。

そんなこんなの春先。
明日はグッドフライデー(処刑の日)でうちの会社休み。
久しぶりに家に一日居られるよーん!

あ、写真はNJ側から見たマンハッタン。
こないだの週末。
by nanaken4 | 2006-04-14 12:23 | その他

コンサート恐怖症対策!

c0062495_10525268.jpg
普通経験をこなせば、身についていくと言われるコンサートでの上がらない方法、私はなぜか逆に回を重ねるごとに悪化していってるような気がしていました。
悪化というか、色々考えすぎてもともと出来てたことも出来なくなると言うか。

で、こないだのコンサートでホントに何とかせねば、と思い、前から読みたいと思っていた本を購入してみました。
「The Inner Game of Music」
という本で、もともとテニスプレーヤーのために書かれた本で、大反響でミュージシャンにも応用しようと書かれたものらしい。

読んでみて、いやあ、目からうろこでした。

ちょっと紹介すると、
P=p-i
Pはパフォーマンス、pはポテンシャル、iはinterferance、ということで、パフォーマンスの出来と言うものは、緊張や集中力の欠如など最低限にすれば、自分の持ってるポテンシャルの力を最大限にできるっちゅうことで、理想はP=pということなんですねぇ。

で、そうするには、といろいろアイデアが書かれているわけですが、そのいくつかで私がなるほど~とおもったのは、
まず、集中力が欠けてきたなと思ったら自分の出している音に耳を傾けて集中する。だいたい集中力が欠けているときは頭の中でしゃべってるという。「あっ、次間違えるとこや!ふー、あぶなかった~・・・」などなど。

音をよく聴きなさい、とはよく言われてきたものの、この本を読んでから実際振り返ってみると練習中や演奏中聴き方が足りてなかったなーと思う。

この本によると、自分の音を聴いて、「んー、いまいち。」とか「あ、間違えた。」とか批判するのではなく、Awareness、ただ認識しなさいと、そしてTrust、自分のポテンシャルを信じなさいと。お告げになっています。
その方法も細かく書かれております。

ただ、この本を読んでからひとつコンサートがあったけど、だいぶ集中はできたものの、まだまだ納得いく演奏からは程遠く
、そう簡単にはいかんわな~。と思いました。
by nanaken4 | 2006-04-09 10:53 | 音楽のこと

脱!

c0062495_12131064.jpg

脱!!女子大生!
いや、脱いだわけじゃないですよ。

っておい!

いやー、就職しますた。
ついに。
大学卒業して3ヶ月ほどのんびりレッスン行ったりしてましたが、
ついに色々探した結果、今のお仕事につきました。
昨日早速、初出勤してまいりました。

別に社員として雇われたわけではなく、1年間のOPTビザの期間ということで、別にものすごい仕事をやらせてもらえるわけじゃぁないとはわかっていながらも、一応、名の知れたとこなので、ど・ど・ど・どどどどど緊張!!!しまくっていってきました。

結果は、あれ?らくちんかも・・・。
いやまだ1日しか行ってないだろ、あんた。
と、余裕ぶっこいて帰ってきました。
しいていえば、リサイタル以外はかないパンプスを一日中はいて、足がいたた・・・。

きっちりNYで社会勉強してきますー!!
(写真はまったく関係ないですが、エンパイアステートビル。)
しかも撮ったのだいぶ前。)
by nanaken4 | 2006-04-02 12:15 | 私のもの思い