Nanami     6年半のニューヨーク生活の後、東京でシンガーソングライター活動 ロンドン在住 2児の母


by nanaken4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ライブ・レポート( 7 )

Wedding, wedding, wedding!

c0062495_20494567.jpg


この1年の間に友達4人の結婚式があり、いずれも余興での演奏を頼まれ、
どれも感動の瞬間だった。


結婚式は何度見ても、

イイ!

最高にドラマティックな瞬間だと思う。


この週末も、地元の同級生の式でピアノ演奏&余興での弾き語りしてきました。
初めて人前式というのを見たけれど、新郎新婦がみんなと向き合って誓いを立てて
拍手でみんなは証人になる、っていう、

これもまたイイ!


さて、来月はついに自分の番。
って言っても私のは親族だけの、こっそりのんびり結婚式だけど。
でも、いわゆる「一生に一回」。
味わってきたいと思います。
by nanaken4 | 2009-04-28 21:00 | ライブ・レポート

ステージはこちらです

c0062495_2227888.jpg


じゃん。

地元でのスペシャルコンサートのステージ。

いやぁ、豪華でしたね~。
いろんな人の思いがこめられてできた、素敵なステージです。
クリスマスィーで、きゃわいい。

ありがとうございますっ。

思い出思い出。
るんるんるん。
by nanaken4 | 2008-12-10 22:31 | ライブ・レポート
c0062495_22381066.jpg


昨日(日曜日)の朝の私の故郷の山。
うっすらと木々が白く染まったのは、前日の吹雪のせいです。
今日はこの景色とはかけ離れた都心に戻ってきて仕事でしたが、
田舎で癒された心はなんだかぽかぽかしてます。

私の自慢の田舎。
素晴らしいぞーーぃ!山たちよ。


そして・・・


今回、入籍してから初の里帰りとなり、
実家の家族に対してもスペシャルな気分。


そして・・・


何といっても、2008年最後の演奏会がここ地元岐阜県の山奥で
吹雪の中、無事大成功に終わりました。
お客様は何と、地元母校の中学生約210名。
そして先生方、PTAの方々。

2日間にわたる、みなさんとの心の交流会。
私がこれまでの道筋を話すのを、真剣なまっすぐなまなざし、少し照れたまなざし、いろいろな若いまなざしで見つめてくれて、
私の歌に耳を傾けてくれました。
私が学校に行けなくなってしまった話など、
涙をこぼして私のメッセージを受け取ってくれた子もありがとう。


2日目のコンサートでは、1時間のわたしの演奏の後、
100人ぐらいはいたでしょうか。
親と子のコーラス隊による、大合唱。
私も混ぜてもらって、最高に幸せなモーメンツでしたね。

中学の時に教えてもらって、またここで再会できた教頭先生、M先生、
陰で支えてくださった先生方、
半年前から企画を練ってくれて、素晴らしいステージ飾り付けから、こまやかなサポートまでを一生懸命してくれた、母親委員会の皆様、PTAの皆様、
大成功でしたねっ。本当にありがとうございました。


今回私はとても大きなことを学びました。

お客さんと向き合う、心を見つめあって会話をする、ということ、
メッセージを届けたい、という気持ちがどれだけ演奏者をHumbleにさせ、
誠実にさせ、集中させ、そして、やっと伝えたいメッセージが伝わるんだ、ということ。

自分のためにやる音楽はもういいや、と思いました。


人とのつながり。
私にとっての生きる力はこれが一番です。
そして音楽をやる意義になります。


さて、今後も地元での活動が楽しみです。
色々とわくわくするようなお話もいただいたりして・・・。

東京でももちろん、来年の活動、いろいろと企画中です。
ふっふっふー!

とにもかくにも、このブログの更新頻度を上げたいと存じますっ。なははっ。

c0062495_2333451.jpg

by nanaken4 | 2008-12-08 23:17 | ライブ・レポート

生きがい

c0062495_1154562.jpg


「生きてきた甲斐があった」なんて、何様じゃー、って感じなんだけど、
これが私の生きがいだ、と思えるもの、皆さんはたまに確認してますか??

私は、
日曜日のライブで、生きがいを確認しました。
満員御礼のレストラン。
店長の笑顔。
おいしいご飯の香り。
そして、私たちのかもし出す音楽のゆらぎ。

今回ライブで発表しましたが、
私は入籍をして11日目という、時で、
両家の親、そして旦那様も見に来てくれました。

私の生きがいを一緒に目撃してくれて、
多くの大好きな、そして大切な人に囲まれて、
いい時間を過ごす。

これぞ、


生きていて良かったーーー



という瞬間であります。

ギター/ハーモニカ/ボーカルの、
ジュアン君とのアンサンブルの味も、熟してきて、楽しんで頂けたのではないでしょうか。

今回は、新曲の「手紙を書いても」が一番好評でした。
その次が「しとしと雨」、「Your Prayer」。

CDを持ち帰ってくださった皆様、不具合は生じておりませんでしょうか。
なにせホームメイドなもので。
感想、コメント、何でもいいので、rinnii@hotmail.co.jp
まで頂けたら、幸いでございます。

5~10曲目は、オーディションに受かったごほうびにEMI Musicの
“幻の豪華スタジオ”で録ってもらったもので、
セールスはNGということなので、皆さんにお配りしてます。

お越しいただき、ありがとうございました!

パンダグッズをくれたAさん、素敵な髪飾りをくれたRちゃん、りんご入りお花をくれたM、
ありがとうーーーぅぅぅ。
らぶゆ。

また遊びにいらして下さいっ。
by nanaken4 | 2008-11-12 00:25 | ライブ・レポート

最高のバースデーギフト

c0062495_14353079.jpg


昨日は私の28回目の誕生日です。
今まで生きてきた中で、一番幸せな誕生日でした。


27歳最後の数時間は、ライブをしていました。
最高のライブでした。
今の自分の存在を確認し、心のままに叫べる幸せ、
それを人に見てもらえて共有できる幸せ。



リハーサルでは自分の曲をやるのに、
自分がメンバーのレベルに全然追いついてなくて、
たくさん迷惑をかけてしまって、
厳しい言葉に泣いてしまったり、
自分の音楽のやり方に向き合って反省せざるを得なくて、
甘えや責任感のなさに、情けなくて、悔しくて、怖くて。
本番までは食欲もないし、眠れないし。

そんなときバンドメンバーのじゅあんくんがくれたメール。
今読んでも泣けてきます。
どれだけそれで立ち上がれたことでしょう。
音楽との向き合い方は人それぞれ。
自分のやり方で、心を込めて、楽しくやっていけばいいんだよ、と。
その他いっぱい救われワードが満載メールで、
号泣。そして立ち上がる私。
持つべきものは友。

6曲&6曲の2セット、12曲だったのですが、
本番は最高に楽しく、気持ちよく、心をこめて歌えました。

そんな私に、
ラストセット最後の一曲の前には、
バンドメンバーからの最高にかっこいい
「ハッピーバースデー」のサプライズ演奏が。

ジャズメンたちのハッピーバースデーはほんとにかっこよくてしびれました。
そしてお客さんの顔には笑顔が・・・。
本当にありがとうございました。

お花をくださった、Aさん、
平日なのにかけつけてくれて最後まで暖かく聴いてくださった皆さん、
ありがとうございました。
「あなたに会えてよかったね~!」
一緒に歌えて幸せです。


そしてこのライブがスペシャルになったもう一つの理由があるのですが・・・、

それはまたあとでゆっくり書きたいと思います。
ライブに来てくれた皆様にはばれてますが・・・。


ライブの写真byたにあいようくん(ありがとーーっ!)

c0062495_1436646.jpg

by nanaken4 | 2008-10-03 14:40 | ライブ・レポート

ななみ→アヴリル

昨日のライブ「Sound of Love」がめちゃめちゃ良い体験でした。
強い意志とか、意味とか、気持ちとか、とにかく強いもんいっぱい持った出演者ばっかりで、これまた腰が低くノリノリのスタッフさんと、
そしてグイグイ参加型のあったかーいオーディエンス、もー全員から刺激をもらったよ。
私の相棒ジュアン氏も、やっぱり期待を裏切らない、
最高なパフォーマンス!そして幸せなMC、ありがとね!!
気持ちよく歌えたよ。

そして、ほんとに愛があふれてました。
打ち合わせのときから、熱いディスカッションで、
それぞれの愛を胸に、表現したり、とにかくやりゃーいーぜっていうことになって。

みんな音楽の酸いも甘いも経験した人たちだからなのか、
何が大切なのかってこと、ちゃんと分かってて、
ほんとにあったかくて、なんだか安心してわくわくして、そんなライブでした。

私は大切なことが分かっていても、視界の中には見えていても
プライドや理性がいつも邪魔して、
見えなかったことにしたり、誰かが見つけるのを待ったり、 批判したり、
自分のアクションによく落ち込みます。
あと、大事にしたいと思ってやってきたこととか、
年を取るにつれて身につけたと思っていたことが、
実はとても邪魔になったり、全然大切じゃないって思ったり。

昨日のライブで、とてもピュアに音楽に対しても、ライフ(人生)に対しても、
美しくナチュラルに向き合っている人たちを見て、反省したのでした。



今日は今日で、友達にチケットがあるからと誘われ、
東京ドームへアヴリル・ラビーンを見に行って来ました。
東京ドームはでかい。
「芸術は分からないけど、でかいものには感動する」という知人Nさんの言葉は名言。

久しぶりにこういうライブに行ったけど、やっぱ豪華ってすごい。
ものすごい数の人々がこのために動いてて、
干し柿の隙間無いバージョンのようにいくつも天井からスピーカーが吊られてて、もーライトからダンサーからバンドから何から何まで。
隣の女子高生にぐいぐい押されつつも、大塚愛もPUFFYもアヴリルもみんな肌に感じました。

さーて、
私のライブは次は10月1日(水)です。
また告知いたしますー。
今回は8ヶ月ぶりのジャズメンたちとの共演、
これまた熱いことになりそうですっ。
by nanaken4 | 2008-09-17 02:42 | ライブ・レポート
Aedeaのコンサートは無事終わりました。ぱんぱかぱーん!
2回公演のあった、水曜の夜は帰ってきて、抜け殻のようになっていました。

メンバーのHちゃんの素晴らしいチラシのおかげで、
そして、会場が学校の廊下ってこともあって、
夕方のショウには、お辞儀をしようと振り返ったら、わおおーっ。
すごいお客様が集まってくれてました。
感謝。
卒業リサイタル同様、花を持って来てくれた果物売りのおじちゃん、らぶゆーです!

ってか途中で大師匠のコーラス指揮者M先生が、私の眼中に入る席にどかーって
座って、ぬおーー、「先生、そこに座らないでーっ、気が散るでしょうがー!」
って一瞬思ったけど、すぐにまた興奮して集中できたからよかった~。
あとで、その先生のもとで一緒に歌うRが、
「よく先生真横にして指揮したね~、ケケケ」
って言ってきて、その時また我に返って、はっと思ったけれど、
M先生は「Beautiful! Beautiful!」って言ってハグしてくれたので、一安心。

出来としては、さすがシンガーのガールズたち、
最後の練習ではどうなることかと思ったけれど、
本番に強くていらっしゃるのね。
みんな堂々と歌ってて、ほえーっ、指揮しながらどんどん興奮してしまい、
ものすごく気持ちよく指揮出来ました。
みんなの気持ちがあれだけひとつになると、こんなに楽に指揮できるのかーって、
本番で気づいたよ。練習でも頼むよ~!ってすべては私の力量の問題か・・・。

途中、あれれー、なんて不協和音になっちゃったの~、ってなこともあったけど、
そこはもう、難しい曲だし、「はいな、こういう曲なんですー」って顔して指揮しました。
練習不足はこういうところに出てくるのは、分かっておりました。はい。
反省点もてんこもりです。

次の日も外国語学部の教授のランチパーティにて歌い、
AedeaのFall/2006シーズンは幕を閉じました。

そして、私はこのタイミングで職をゲットいたしました。
絶対、私の運命操られている・・・。

来セメはどうなるか、今考え中。
仕事にも就かずに、時間と精力注いだ、かわいいかわいいAedeaのプロジェクト、
ここで辞めるのはもったいないよな~。
by nanaken4 | 2006-12-09 07:15 | ライブ・レポート