Nanami     6年半のニューヨーク生活の後、東京でシンガーソングライター活動 ロンドン在住 2児の母


by nanaken4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 38 )

mess! in my head!

c0062495_00561318.jpg


冬になっていく。
認めたくないけど、冬になっていく。

9月に体調を崩してから、
体や心の不調に苦しみつつも、一個一個向き合って、体とも心とも向き合って、自分とも向き合って、そんなこと何年もして無かったな、ってことに気付いて。
そして、
私は色々気付いた。そしていくつかのものを手に入れた。
と信じる。

家族の優しさ。大切さ。幸せなんだってこと。
大事な友達。友情が人生に必要なんだってこと。
自分の性格や生い立ち。
過去のあれこれ。
怒りや悲しみやその他諸々の感情。

そんなこと、何もかもとっくに把握してるつもりだったけど、
何にも分かってなかった。
頭の中は多分グチャグチャに散らかって、整理されないまま36歳まできちゃってた。
結婚して子供を産んで、家族のために生きているように見せかけて、辛いのは家族のせいにしてみたり。
何が何だか、もうわからなくなってきて体がパンクしたんだと思う。
心の病は怖いっていうことは分かっていたから、素直に病院へ行き、
薬を飲み、
カウンセリングへ行き、
漢方や気功の先生にも行き、
今を精一杯生きている、つもりです。

今まで、私は何を怖がっていたんだろう。
もっとちゃんとやってれば、と思うこともあるけど、
その当時の日記なんかを読むと、その時の私はその時の精一杯をやってんだよね。

今回、色んなこと思い出してて、
特に結婚する直前の頃の音楽活動してた頃のことを思い出しては胸が熱くなることがあります。
私は当時のEMIと、もうひとつのレコード会社と、いくつかのオーディションに残り、なんかよく分からないプロデューサーと言われる人達とのお付き合いを必死でしてたんですけど、
EMIのその発掘プロデューサーとはケンカ別れしてしもうたんです。
私の声をベタ褒めしてくれて、
その人に気に入ってもらえれば、デビューできると信じて言われるがまま曲を何十曲も作って毎日送っていたりしました。
でもある日、私がもう一つ大手のレコード会社の人にもお世話になってると言ったら、
その人はブチ切れて、その日以来私のCDもすべて捨て、着信拒否するから、バイバイと。
呆然としました。
何、この人。
てか、なんてことしちゃったの、私。
もうひとつのレコード会社の人も普通に配属先が変わり、お付き合いが無くなってしまいました。

私のメジャーデビューへの夢はそんな感じで終わった訳なんですが。笑

もちろん、実力不足、努力不足、経験不足、が第一だし、
チャンスをモノにできなかったし、
そういう大事な人とつながっとく術もその時の私には無かった。
もっとうまくやれば、と思うし後悔って言うんだと思います。
ライブすればバンドのメンバーに叱られて立ち直れず、自分の無知に落ち込み、
一緒に頑張っていたと思っていた仲間ともイザコザしちゃってなんか決別してみたり。
音楽をやるって、私にとっては辛い事ばかりで、心からの喜びを得られるのなんてほんの一瞬。
もちろんその一瞬も大切に思い出として覚えているけれど、
音楽を平和に長く続けてる人は本当に音楽をやるべき人で、私は音楽をやるべき人間ではないんだろうな、とどこかで思ってきました。

でも、別にまいっかー、って流して、そのあといくつかライブしたり、結婚式で歌ったり、細々と活動しつつ、
結婚、出産、そして今。
この時が経った今、
言える。

ま、いっかー。
again。

私は音楽をやっていたし、音楽をやりたくてNYに行って大学まで出た。
紆余曲折。
今は普通にママです。主婦です。何か?笑
音楽なんてやる余裕はありません。
そして病んでいます。
私はそういう人間です。

夢はあります。
実現したいのか、とか、可能なのかとかは今の体調ではわからない。
子育てだってあるしね。

でもね、うんとね、
下の子が手が離れたらね、
ママバンドとかやりたいな。
少し素敵なメンズも入れてさ。
楽しく毎日練習してさ、
子連れママが聴きに来れるような時間と
場所でライブして、
同時にママさんコーラスの素敵なやつやって。
ベビーやトドラー向けのレッスンも引き続きやって。体も心ももちろん元気で。
夜はライブを見に行ったりできる自由を手に入れたいな。

夢だけは膨らみます。
私の勝手でしょ。

冬になってしまったら、私の頭は寒さで停止してまたグチャグチャになりそうで怖いです。

by nanaken4 | 2016-11-09 23:48

また4月が来たよー

c0062495_23533744.jpg

って椎名林檎の歌詞がありましたね。
4月。
始まりのワクワクドキドキな季節。
大好きです。

母になりもうすぐ7年。
この4月は長女の小学校入学になります。
ビッグイベントです。
てか、早いなあ。
こないだ赤ちゃんで、ママって呼んでくれる日はいつかなぁ、なんて思ってたのに、
今じゃ、ママ、ママの連呼で、うるさーいっ!!って怒鳴ってるんだもんね。

手厚く大事にされてきた幼稚園から、
公立の古い校舎の小学校へ。
自分の田舎の小学校時代とはまた色々違うし、
今と昔でも違うし、
分からない事ばかりで不安だらけですが、
早く親子共に慣れたいと思います。

今日は春休み最後で、お友達とカラオケランチへ。
久々に色々熱唱して、
サビの繰り返しに耐えられない、という老化を感じました。
レッスンで歌ってるだけじゃ、まだまだだわね。
昔ライブしてた頃はあんまりカラオケなんて行かなかったけど、あの頃もっとカラオケとか楽しい事いっぱいいっぱいしとけば良かったなあ。
なんかそんな余裕無かったんだろうなぁ。

子供たちと行くカラオケは、また全く違うものなんだけどね。ママ友が歌うの見ると、その過去がチラ見できたりして、また楽しいものです。

ここ最近の私は、引っ越しをしまして、
新しい家で心機一転な春です。
中国雑技団にしか見えないし、絶対ムリ!って思ってた自転車3人乗りもデビューしまして。
すっごい楽しくて便利です。怖いけど。
あとは、レッスン頑張ってます。
今月からは次女も預けてやっていきます。
あ、そのレッスン用ブログ、リンクしとこ。
http://missnanami.exblog.jp

さて、明日は入学式。
どんな歴史の1ページになるかな。

by nanaken4 | 2016-04-04 23:52
皆様、

今年ももうあと2日ですね。
いかがお過ごしでしょうか。

私は今日実家の岐阜に帰って来ました。
ふるさとは遠きにありて思ふもの。
室生犀星の詩がたまに沁みます。
そして、
帰省ってなんて素晴らしいんだろうと思います。

生まれ育った場所とは全く離れた場所で、
長い時間頑張って走ってきたあとに、
ふと、ふるさとに帰る。
そこには変わらない風景、家族、文化があって、自分が頑張ってきた事を素直に評価できる。
そしてまた頑張りに戻っていける。

帰省組の皆さん、
そして、そうでない皆さんも、来年も頑張っていきましょうね!

さて私の2015年は、
まず第一に、人との出会いに恵まれました。
イギリスから、全く縁もゆかりもない大倉山という土地に来て、
子供を通して素敵なお友達に沢山恵まれました。
人と良い形で繋がっていることは、
何をするにも活力になります。

来年は厄年。
まず健康を第一にやっていきたいです。
ホントに、若くないな、と思う今日この頃。
健康被害、マイナートラブル多発です。

あとは、お仕事!
今年はレッスン始動したので、
少しずつでも前進したいです。
大変な事だらけですが、
ワクワクドキドキ楽しいです。

あとは家族が健康で幸せで、
娘達がすくすくと育つこと。
疲れてしまって家族を大事に出来ない事、
ある程度は仕方ないと思いつつ、
反省してます。
理想の母、なんて全然できてません。
家族の笑顔をママが担っているんでしょうね、きっと。責任重大。
サボれません。

皆さんの2016年も、笑顔がたくさんの素晴らしい年になりますように。

今年も、ほとんど更新されない日記にお付き合いありがとうございます。




by nanaken4 | 2015-12-29 22:40

切なく前向きな9月。

さてさて、9月ですねぇ〜〜

…。


って、はい、ごめんなさい。
更新3ヶ月空いとるやないかいっ。てね。
まあまあまあ。
こんなもんですよ。2人の子持ちの夏って。
パネー、ってやつ。
半端ねえ、の略ですよ、お父さんお母さん。

いや、2歳のスーパーイヤイヤ期到来しまして。
長女の時には経験したこと無いイヤイヤっぷりでしてね。
朝ごはんに、パンを出し、おにぎりを出し、チーズ、フルーツ、ジュースは2種類、昨日の残りの味噌汁、姉のお弁当のおかず、、、、、、、。
全部一口ずつ、もしくは全く食べてくれない、
怒&悲。
みたいなね。
ほんの一例でね。

そんな子がいて、
いつもいない長女もいる夏休み。約40日。
どーしよーー、って思ったけど、
一瞬でオワタ。
結果楽しく終われた。てか追われた。

長女のお友達仲間7家族!とのキャンプから始まり、
実家、沖縄旅行、ディズニーオンアイス、ってとこですかね。メインとしては。
ディズニーオンアイスはパネー次女のせいで後半の美女と野獣とアナ雪、よりによって後半、まるごとロビーにいたけどね。

残りの夏休みは
お友達と遊ぶ予定をみっちり入れて、と。
そんなしてたら、一瞬だった♡
笑いあり、涙あり、イヤイヤあり、の夏休みでした。

そして、夏休み明けまして。
私の今の最大のテーマは、
母子分離の切ない秋。
このスーパーイヤイヤ期の超ガンコ親父次女を、
なんと週一で預け始めましてん。

まーー、これがまた。
こんなに泣く子おるんかね、って言われてそうなぐらい
ひたすら泣く3時間半。
胸が痛いけど、たまらない解放感。
いや、でも、
誰にも邪魔されずにお洗濯干せただけ。
そしてヨガに行けただけ。
そして久しぶりに弾き語りちょっとしただけだよ。
でも感謝がこみ上げます。
そんな余裕無かったから。ここ数年。
人間に余裕は大事です。

3時間半後に会った娘は、
泣き腫らした目で私を見つけ、手を伸ばしてきます。
そして安心して水分補給。からのお弁当どか食い。
水分補給もお弁当も拒否らしいので。
スーパーイヤイヤ期が、
更に警戒する心まで身につけて、私を困らせてきます。
が、そんなのもあと少し、ってのも知ってるから
それでも可愛がって付き合っています。

長女の成長っぷりはホントに切なくなるほどなので。
いつか次女もそうなっちゃうと思うと、
なんでもいい。
受け止めなきゃね。

さて、そろそろ余裕も出てきたし、
私は何者なのか、何をして生きていくのか、
ちゃんとそろそろし始めようと思います。
子育てで6年程、自分が誰なのかどうでもよくなっちゃってたので。

きっと、いや、絶対昔みたいには無理。
昔みたいには歌えない。
昔作ってたような歌はもう作れない。
でも、今の私にしか歌えない歌がある…かもしれない。
無いかもしれないけど。

とりあえず、
今はご近所のママとベビー達に
kindermusikやってるので、そこでお歌披露しながらしばし考えます。

皆様は、この秋いかがお過ごしですか?



by nanaken4 | 2015-09-16 00:38

混じり気たっぷりの5月

c0062495_0142561.jpg


5月。
新しい生活がひと段落して、落ち着く人、さらにダラっとなっちゃう人、色々かと思いますがいかがお過ごしですか?

私はこの、
「4月が新生活!」っていう日本の感覚が久しぶりで、なんだか新鮮に過ごしました。
特に長女の幼稚園関係で。

年少さんがバス停のお友達にも加わり、泣いて行く姿を見たり、
初めての保育参観で、娘のバリバリ頑張ってる所を見たり。
娘の幼稚園は、いわゆるお勉強系のしつけしっかりの幼稚園で、
一見軍隊かと思わせるほど、挨拶から運動からお勉強からビシッと分刻みでやってるみたいです。
年長さんになったらますます厳しくなって、お弁当食べる時間が減らされ、残してきてしまうようになったり、
先生に叱られることも増えて、行きたくない子続出だったりするみたいです。
田舎の保育園しか知らない私からすると、大変だな〜と思うけど、
同時に恵まれてるな〜とも思います。
ホントにカリキュラムがすごくて、娘もすごく楽しいみたいなので、まいいかな、と。

最近頭を悩ませてたのが習い事。
はー、文字にしてみるとなんだか、悩みがめっちゃママっぽいな。
当たり前か。
もう何年ママやってんだ。

ひたすら体験に行きまくって、やっとこさ英語とバレエを決めました。
英語はあれよあれよと喋れなく(喋らなく)なっちゃったので、
この先どうなるのか見守っていきます。
バレエはホントあちこち行ってみて迷いました。
までも、これもイギリスで先生に続けるべきよ、と言ってもらってたし、娘も嬉しそうで良かった良かった。

次女は託児所に初お預かりをこないだお願いしたとこで、
今、イヤイヤ期入った上に警戒心満タンな子になっちゃってて。
ついでに頭の汗がすごくて臭いし。
もうすぐ2歳なのに髪はいっこうに生えてこないし。
まーママは悩みが尽きません。

子供の悩みと同時に、
自分の事も。

マンションでの集まりで、kindermusik(私が妊娠中に取った資格)を試験的にやらせてもらえることになり、
只今張り切って準備中です!
っていっても、なっかなか一人になれないから進まないんだけども。
この一歩を将来につなげたい。

あとは帰国してからパツパツになった体を引き締めたくて最近アプリでダイエットしてまーす。
無料で便利なものがあるんですね〜!
はまってます。
あすけん、っていうアプリ。
年相応の美しさが滲み出る女性になりたい。

さ、では明るい未来に備えて、娘たちの待つ寝床へ忍び足で戻ります。

真新しい春はもう落ち着いてきて、
激しい夏がチラホラ顔を見せてて、
こういう複雑な微妙な季節が大好きです。
秋のほうがもっと好き。
今までの色んな5月を思い出して寝ようかな。
by nanaken4 | 2015-05-20 11:42

ホッと一区切り

c0062495_11183077.jpg


春休みで実家に1週間来てます。
はあーーのんびり。
今、うるさい子供達はじぃじと畑に出かけてひとりのんびりした時間を過ごさせてもらってます。

なんか振り返ってみると、
帰国からだだだーーーっと過ぎた半年だったな。
感傷に浸る間もなくお別れをし、
心構えをする間もなく新しい生活に飛び込み、
なんとかやったった半年。
ここのところ、下の娘関連の新しいお友達もチラホラできてきて、
私もやっと新しいママ友と呼べる人達ができそう。

先週末は旦那も休みを取って伊豆へ。
帰国してからずっと行きたかった温泉。
そして子供達を喜ばせようと、
イチゴ狩りや遊ぶところもセットで連れて行ってくれました。
やったーー!
みんな半年頑張ったもんね。
春休みでようやく心にホッと一息つけたのかも。

また春の新しいスタート始まりますね。
by nanaken4 | 2015-04-02 10:37

お久しぶり…です

c0062495_2359751.jpg

信っじられない程に、
更新が空いてしまった…。
その間見に来て下さっていた方々、
申し訳ございません。
もはや、見に来てくれる人がいるのかどうか分かりませんが、
自分のためにも続けているブログなので、また細々と書いていこうと思っています。

さて、
ロンドンから10月に帰国しまして、
11月から横浜在住となりました。
今はすっかり馴染んできてます。
娘はソッコー日本のバリバリの幼稚園に慣れてしまいました。
ホントにそれにはビックリ。
それだけ日本に馴染んだってことだから、喜ばしいような寂しいような。


英語はまったくと言っていいほど出なくなりました。
最初は英語で話しかけたりしてましたが、
嫌がられたりしちゃって、
それもしなくなり、
今はテレビやDVDで英語に切り替える事が出来るときはそうしたり、その程度。

ま、
私の友達作りや、その他色々課題は山積みですが、
ひとまず、

元気です。


今は、
長女が発疹で休んでて、
幼稚園年中最後の週だから、
最終日だけでも行って欲しいんだけど。
かわいそうなぐらいのボツボツ。
大流行中らしい溶連菌は陰性だったけど様子見てます。

写真はそんな彼女が、
ロンドンで買った自転車を日本の公園で
補助輪外して練習してるとこ。

さ、私もがっばってこ。
by nanaken4 | 2015-03-17 23:46

Going HOME

c0062495_6423363.jpg


皆さん、この夏はいかがお過ごしでしたか?
前回の日記は夏の始まりでした。
そしてもう夏は終わってしまいましたね。
私の一番好きな季節である、切ない日本の夏の終わり、皆さん楽しんでますか?

私の2014夏は、
とんでもなく慌ただしいものでした。
写真はのんびり友達と遊んでいる風景ですが、
この直後から
慌ただし過ぎて記憶が曖昧なほど。
一番は
10日間の強行スケジュールによる日本帰国。
広島、岐阜、東京、今回も一家で行脚して参りました。
しかも日本の夏は4年ぶり!
暑さも含め、存分に味わいました。
長女に見せてあげたかったお祭りには行けなかったけど、
お墓参り、プール、遊園地、花火にスイカ、バーベキュー、じぃじの畑で収穫作業や種まき、そしていとことプリクラなんてのも。
そして、日本の美味しいフルーツに下を巻いておりました。
桃、巨峰、梨、どれもイギリスには無い美味しさ。
あぁ、また食べたい。

また近々食べたい。

ってか、

近々食べられる!

そうです。
そうなんです!



本帰国、キターーーーーーーーーー!!

なはは。
ということで、慌ただしい要因はこれです。
日本から帰ると同時に、
イギリスから引き揚げることが決まったのです。

なのに、
長女の学校が始まりまして。

もうすぐ終わるのに、
新しい環境に慣れなきゃいけなくて。
同時に、日本での住む場所や幼稚園のことも考えなくてはいけない。
なんとも相反する行為!

でも幸い娘は待ち望んでいた学校に行けるのがとーっても楽しい様子。
トイレに行くのに、
「May I please go to the lavatory?」って言わなきゃいけないんだよ!
と。
す、すごいーー。かっこいーー。
そんなキレイな英語、パパもママも使ったことありましぇん。
イギリスの素敵なマナーを1ヶ月の間に沢山学んで、学校生活楽しんで、何か心に残るといいな。
まだ伝えていない、日本帰国。
楽しい方向へ持っていけるといいんだけど。

そんな彼女にとってのビッグデイも今週末待ち受けています。
誕生日会ーー。
イギリス式のパーティーは最初で最後!
ママはうまくいくかドキドキ。
今パーティーラッシュで3週連続誕生日会。最後に我が娘のがあるからみんなの素敵なパーティーのあとだとプレッシャーーー。
でもこれも思い出になるな。
楽しもう。


人は思い出を作るために生きている。
小学校2年生の時に担任の先生が言っていたのを、たまに思い出しては、
思い出に浸って生きるのは悪いこじゃない、と思うのです。
by nanaken4 | 2014-09-08 22:03

ビュンビュンです

時が流れるのは、
皆平等に同じスピード。
なはずなのに、
私の心の有り様で、ビュンビュンだったり、とろーんだったりします。

一年。

しっかし一瞬だった。
ビュンッビュン。

明日で一歳を迎える次女。
となりで気持ち良さそうに寝ています。
私はというと、
寝顔を見ながらとっても寂しい気持ちでいっぱいです。
もうじきに歩いてしまい、喋り出してしまい、赤ちゃんではなくなってしまう。
そしてプニプニでふにゃふにゃでママがいないと生きていけない、赤ちゃんのこの状態はもう二度と戻ってこない。
それがわかってるから。
うっうっ。

ってごめんなさい。
一歳のお誕生日を迎えることは、本当にありがたいことで嬉しいことでもあります。
健康で1歳を迎えてくれたこと、この1年沢山の幸せを家族にはこんでくれたこと、感謝。
いーっぱい祝福したいと思っております。

次女は、自分で思うのですが
私に似ています。
顔が。
私も末っ子だし、自分を重ねるような存在になるのでしょうか。
長女はまた特別な存在で、私とは違う部分が多いけど、なんというか、特別です。
私にはない素直さや優しさを持っていて、尊敬しちゃいます。ほんとに。

私の人生は私のもの。
だけど、ここんとこ家族のために人生を捧げています。
それは心地いいです。
ってかそれでいっぱいいっぱいです。
歌ってた頃の自分をよく思うのですが、
あの頃の私は、歌う必要性があったのだな、と。
17歳ぐらいから
何か言いたいこといっぱいあって、
認められたくて、
自分とは?とか
自分の声ってどれ?とか
探し続けて。

今の私に歌う必要性は、はっきり言ってない。
子供のために歌う以外。
必要になったらまた歌う。
歌いたくなったら歌う。

それでいいか。


と思います。
そもそも、ビュンビュンの私にそんな時間も余裕もないのです。
そんなことを言うと、昔の仲間にがっかりされそうですが。


みなさんは、お元気ですか。
by nanaken4 | 2014-07-11 23:24

お年頃

c0062495_833589.jpg


イギリスの夏、続いてまして。

ナーサリー帰りにお友達と公園でひと遊びして帰る日々です。
なにせ、9時頃まで明るいので
こっちもなぜか余裕で遊ばせちゃうのだけど、
あとで痛い目にあうっていうね。

ナーサリーの近所の公園、
最近通い始めたのだけど、
ハイキングもできる立派な森を抜けていった先に遊具があって、
その周りはこういう草原。
木登り出来たり、小川があったり、
子供にとっても大人にとっても、
住みたくなるような環境。
うちは残念ながら車で20分かかるんだけど。

写真は娘の一番仲良しのお友達二人と。
二人ともこの近くに住んでる。
さんざん遊んだあとのお別れの儀式をしてるところ。

c0062495_8314614.jpg


もうすぐ5歳。
お年頃っていうか、
お友達との関わり合いが娘の中ですっごく大事な事になってるんだな、と感じます。
一年ぐらい前に、
「~が一緒にあそんでくれない。」
「友達じゃない、っていう」
などなど、毎日帰っては寂しそうにしてて、
「じゃあ、こう言ってみたら?」とアドバイスしたり、先生に相談したこともあった。
時には
「タイツをはいていかないと遊んでくれないから。」
と言われ、タイツを買い漁ったっけ。
もともと気が弱くてどんくさいタイプかなー、と思ってた。
何でも譲ってあげちゃうし、順番待ち過ぎて追い抜かされたりなんてしょっちゅうだった。
誰に似たのか。
それが徐々に彼女なりにやり方を見つけたのか、
今ではすっかり、すごい剣幕で言い返したり、グイグイ輪の中に入っていく子に変わった。
朝ナーサリー着いて
「いってらっしゃーい!」って
送り出した娘と、
夕方、お迎えに行った時の娘が
まるで別人になってるの。
それだけ揉まれて、ギアチェンジしてやってる。
たくましくなったよ、ほんとに。
家でよく言い返す練習してるしね。
私もよく怒られる。
英語だから余計練習もいるのかな。(笑)

妹は1歳目前ですが、
かなりの小心者ちゃん。そして慎重派。
ハイハイしない。
髪の毛生えない。
すぐ泣かされる。
人見知りはんぱない。

って感じて、ママの希望通りずーっと赤ちゃんみたいです。
いいのいいの。
それでいいのよーー。
ずーっと赤ちゃんでいてほしい。
長女には全くこんなこと思わず、早く成長してほしい一心だったけど。
これからどんな子になるのか楽しみです。
by nanaken4 | 2014-06-19 22:13