Nanami     6年半のニューヨーク生活の後、東京でシンガーソングライター活動 ロンドン在住 2児の母


by nanaken4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

大きな愛に包まれた彼女を救いたい!

c0062495_1351473.jpg
ここ1週間、コンサートや練習、忙しく過ぎる中、
NYで大切な友人の一人が大きな事故にあった。
パフォーマンス直前に聞いた、まさかの知らせ。
弱いところを一切見せない、音楽家としても輝かしい活躍をしてる人で、前の週にも私のシューマンのコンサートを聞きに来てくれてたし、日曜にも教会で一緒に歌ったばっかだったので、とにかく信じられなかった。
もう会えなくなるかも知れないと思うと、いてもたってもいられなくなり
その夜パフォーマンス後、病院へ。
ICUなんて初めて入った。
眠っている顔を見ると私は声も出ず、ただただ涙が出てきて
でも私がこうしてるのを見られてるんじゃないかと思って、
つらいのは本人なのに私が泣いてちゃだめだーって
ドラマでよく見る場面みたいだけど、ほんとにそう思って
一生懸命話しかけた。
その声に反応するかのように体を一生懸命動かしてくれたんだけど、ナースに手術後で休ませたいんだから、起こさないように怒られた。

この事故で彼女がNY,日本にいるものすごい数の人々に愛されていることを知った。
彼女の人生の厚みっていうか、
彼女がみんなに注いできた愛、それが今皆のほうから倍になって注がれているみたいな。
私なんかちっぽけな小娘にも彼女はこの4年ぐらいの間にたくさんお世話してくれました。

そして、昨日も彼女に会いに行ってきました。
もうICUを出て病室で、ご飯も食べれるし話もできるし、
脅威の回復力でここまで頑張ってくれました。
JASマートで雑誌とお菓子を買えるだけ買って、
持って行ったら、「ご飯まずいからうれしーのよー」とかいって
早速食べてくれたし、雑誌も枕元に置いてくれて
実際はそんな元気まだ無いかもしれないのに、
なんだか逆に気を使わせてしまったのかも・・・。

これからどういう困難が待っているのかわからないけど、
私がちょうど1年前大変な時期に、手を差し伸べてくれた彼女、
それがなかったとしても、私はできること支えていきます!
そういう気持ちにさせてくれる人なんです。
彼女にしかできない、人にはまねできないストレートな愛にあふれた
素晴らしい人です。

ここ1週間は毎日彼女のことを考えてたので
書いたら長くなっちゃいました。
ぺこり。
by nanaken4 | 2006-05-13 13:55 | 私のもの思い