Nanami     6年半のニューヨーク生活の後、東京でシンガーソングライター活動 ロンドン在住 2児の母


by nanaken4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

mess! in my head!

c0062495_00561318.jpg


冬になっていく。
認めたくないけど、冬になっていく。

9月に体調を崩してから、
体や心の不調に苦しみつつも、一個一個向き合って、体とも心とも向き合って、自分とも向き合って、そんなこと何年もして無かったな、ってことに気付いて。
そして、
私は色々気付いた。そしていくつかのものを手に入れた。
と信じる。

家族の優しさ。大切さ。幸せなんだってこと。
大事な友達。友情が人生に必要なんだってこと。
自分の性格や生い立ち。
過去のあれこれ。
怒りや悲しみやその他諸々の感情。

そんなこと、何もかもとっくに把握してるつもりだったけど、
何にも分かってなかった。
頭の中は多分グチャグチャに散らかって、整理されないまま36歳まできちゃってた。
結婚して子供を産んで、家族のために生きているように見せかけて、辛いのは家族のせいにしてみたり。
何が何だか、もうわからなくなってきて体がパンクしたんだと思う。
心の病は怖いっていうことは分かっていたから、素直に病院へ行き、
薬を飲み、
カウンセリングへ行き、
漢方や気功の先生にも行き、
今を精一杯生きている、つもりです。

今まで、私は何を怖がっていたんだろう。
もっとちゃんとやってれば、と思うこともあるけど、
その当時の日記なんかを読むと、その時の私はその時の精一杯をやってんだよね。

今回、色んなこと思い出してて、
特に結婚する直前の頃の音楽活動してた頃のことを思い出しては胸が熱くなることがあります。
私は当時のEMIと、もうひとつのレコード会社と、いくつかのオーディションに残り、なんかよく分からないプロデューサーと言われる人達とのお付き合いを必死でしてたんですけど、
EMIのその発掘プロデューサーとはケンカ別れしてしもうたんです。
私の声をベタ褒めしてくれて、
その人に気に入ってもらえれば、デビューできると信じて言われるがまま曲を何十曲も作って毎日送っていたりしました。
でもある日、私がもう一つ大手のレコード会社の人にもお世話になってると言ったら、
その人はブチ切れて、その日以来私のCDもすべて捨て、着信拒否するから、バイバイと。
呆然としました。
何、この人。
てか、なんてことしちゃったの、私。
もうひとつのレコード会社の人も普通に配属先が変わり、お付き合いが無くなってしまいました。

私のメジャーデビューへの夢はそんな感じで終わった訳なんですが。笑

もちろん、実力不足、努力不足、経験不足、が第一だし、
チャンスをモノにできなかったし、
そういう大事な人とつながっとく術もその時の私には無かった。
もっとうまくやれば、と思うし後悔って言うんだと思います。
ライブすればバンドのメンバーに叱られて立ち直れず、自分の無知に落ち込み、
一緒に頑張っていたと思っていた仲間ともイザコザしちゃってなんか決別してみたり。
音楽をやるって、私にとっては辛い事ばかりで、心からの喜びを得られるのなんてほんの一瞬。
もちろんその一瞬も大切に思い出として覚えているけれど、
音楽を平和に長く続けてる人は本当に音楽をやるべき人で、私は音楽をやるべき人間ではないんだろうな、とどこかで思ってきました。

でも、別にまいっかー、って流して、そのあといくつかライブしたり、結婚式で歌ったり、細々と活動しつつ、
結婚、出産、そして今。
この時が経った今、
言える。

ま、いっかー。
again。

私は音楽をやっていたし、音楽をやりたくてNYに行って大学まで出た。
紆余曲折。
今は普通にママです。主婦です。何か?笑
音楽なんてやる余裕はありません。
そして病んでいます。
私はそういう人間です。

夢はあります。
実現したいのか、とか、可能なのかとかは今の体調ではわからない。
子育てだってあるしね。

でもね、うんとね、
下の子が手が離れたらね、
ママバンドとかやりたいな。
少し素敵なメンズも入れてさ。
楽しく毎日練習してさ、
子連れママが聴きに来れるような時間と
場所でライブして、
同時にママさんコーラスの素敵なやつやって。
ベビーやトドラー向けのレッスンも引き続きやって。体も心ももちろん元気で。
夜はライブを見に行ったりできる自由を手に入れたいな。

夢だけは膨らみます。
私の勝手でしょ。

冬になってしまったら、私の頭は寒さで停止してまたグチャグチャになりそうで怖いです。

# by nanaken4 | 2016-11-09 23:48

Going back all the way...

c0062495_23262391.jpg

9月。
夏が終わっていく切ないこの頃。
大好きな季節だと思っていたのに、今年はどうも体が拒否ってます。
病院に通い、薬を飲み…。
周りに漏らせば、あらなあに?
ママ友達みんな同じ症状。
いや、みんなじゃないな。バリバリ元気なママもいる。
私は毎年秋や春に、自分がリセットされるような、
何かにつまづくような、
良いような悪いような、目が覚めるような体が研ぎ澄まされるような、かといってそんな素敵な事は起きないような、そんななんだか複雑な季節に感じます。
誰か共感してくれるかな。

あ、ブログ更新が年2回になってきてる…。
ごめんなさい。
って見てくれてる人いるのかな。
いたとしたら、心からありがとうございます。

1年生の長女は入学から半年経ち、すっかり1年生です。
女友達とのイザコザが、早めじゃないかい?と思いながらも担任の先生にお世話になり、なんとか乗り越え、
好きな男の子のママと私が仲良くなっちゃったから、家に来て今日ご飯一緒に食べるなんて、夢がかなっちゃって、はー!まぁ楽しそう。

次女は、3歳になり、卒乳、卒オムツ、保育園に幼稚園説明会…。大人の階段登りまくりまクリスティで寂しい限りです。
もちろん嬉しいです。
でも寂しい。
小さいあなたはもう二度と戻ってこないんだから。
しくしく。

母はそろそろ、
自分の人生をまた自分で舵取りしなくてはいけなさそうですね。
子育ては永遠だけど、永遠に母だけでいるのことはできないよね。女でありたいし、人として社会の役にも立ちたい。

子供を産んだ7年前から、自分の船を置いて遠くまで来ましたが、また岸に戻りたいと思います。
戻れるのかしら。

つまり、私また歌いたいんです。
でもどうやって?どこで?何から始める?
ブランクでかいべ?
レッスンどうすんの?
子供達どうすんの?

んー。考える。
誰か助けて〜〜。
I need help!
大学の音楽学部長が言ってたな。
「君、今困ってるよね?困った時は I need
a help.って言えばいいんだよ。
そのために僕はここにいるんだから。」
なんて恵まれた環境だったんだろ。
今私の周りには誰もいないなあ。
ほんとに遠くまで来たもんだ。
ゼロからのスタートか。

Fine! Let's do it!

# by nanaken4 | 2016-09-28 14:22 | 私のもの思い

また4月が来たよー

c0062495_23533744.jpg

って椎名林檎の歌詞がありましたね。
4月。
始まりのワクワクドキドキな季節。
大好きです。

母になりもうすぐ7年。
この4月は長女の小学校入学になります。
ビッグイベントです。
てか、早いなあ。
こないだ赤ちゃんで、ママって呼んでくれる日はいつかなぁ、なんて思ってたのに、
今じゃ、ママ、ママの連呼で、うるさーいっ!!って怒鳴ってるんだもんね。

手厚く大事にされてきた幼稚園から、
公立の古い校舎の小学校へ。
自分の田舎の小学校時代とはまた色々違うし、
今と昔でも違うし、
分からない事ばかりで不安だらけですが、
早く親子共に慣れたいと思います。

今日は春休み最後で、お友達とカラオケランチへ。
久々に色々熱唱して、
サビの繰り返しに耐えられない、という老化を感じました。
レッスンで歌ってるだけじゃ、まだまだだわね。
昔ライブしてた頃はあんまりカラオケなんて行かなかったけど、あの頃もっとカラオケとか楽しい事いっぱいいっぱいしとけば良かったなあ。
なんかそんな余裕無かったんだろうなぁ。

子供たちと行くカラオケは、また全く違うものなんだけどね。ママ友が歌うの見ると、その過去がチラ見できたりして、また楽しいものです。

ここ最近の私は、引っ越しをしまして、
新しい家で心機一転な春です。
中国雑技団にしか見えないし、絶対ムリ!って思ってた自転車3人乗りもデビューしまして。
すっごい楽しくて便利です。怖いけど。
あとは、レッスン頑張ってます。
今月からは次女も預けてやっていきます。
あ、そのレッスン用ブログ、リンクしとこ。
http://missnanami.exblog.jp

さて、明日は入学式。
どんな歴史の1ページになるかな。

# by nanaken4 | 2016-04-04 23:52
皆様、

今年ももうあと2日ですね。
いかがお過ごしでしょうか。

私は今日実家の岐阜に帰って来ました。
ふるさとは遠きにありて思ふもの。
室生犀星の詩がたまに沁みます。
そして、
帰省ってなんて素晴らしいんだろうと思います。

生まれ育った場所とは全く離れた場所で、
長い時間頑張って走ってきたあとに、
ふと、ふるさとに帰る。
そこには変わらない風景、家族、文化があって、自分が頑張ってきた事を素直に評価できる。
そしてまた頑張りに戻っていける。

帰省組の皆さん、
そして、そうでない皆さんも、来年も頑張っていきましょうね!

さて私の2015年は、
まず第一に、人との出会いに恵まれました。
イギリスから、全く縁もゆかりもない大倉山という土地に来て、
子供を通して素敵なお友達に沢山恵まれました。
人と良い形で繋がっていることは、
何をするにも活力になります。

来年は厄年。
まず健康を第一にやっていきたいです。
ホントに、若くないな、と思う今日この頃。
健康被害、マイナートラブル多発です。

あとは、お仕事!
今年はレッスン始動したので、
少しずつでも前進したいです。
大変な事だらけですが、
ワクワクドキドキ楽しいです。

あとは家族が健康で幸せで、
娘達がすくすくと育つこと。
疲れてしまって家族を大事に出来ない事、
ある程度は仕方ないと思いつつ、
反省してます。
理想の母、なんて全然できてません。
家族の笑顔をママが担っているんでしょうね、きっと。責任重大。
サボれません。

皆さんの2016年も、笑顔がたくさんの素晴らしい年になりますように。

今年も、ほとんど更新されない日記にお付き合いありがとうございます。




# by nanaken4 | 2015-12-29 22:40

切なく前向きな9月。

さてさて、9月ですねぇ〜〜

…。


って、はい、ごめんなさい。
更新3ヶ月空いとるやないかいっ。てね。
まあまあまあ。
こんなもんですよ。2人の子持ちの夏って。
パネー、ってやつ。
半端ねえ、の略ですよ、お父さんお母さん。

いや、2歳のスーパーイヤイヤ期到来しまして。
長女の時には経験したこと無いイヤイヤっぷりでしてね。
朝ごはんに、パンを出し、おにぎりを出し、チーズ、フルーツ、ジュースは2種類、昨日の残りの味噌汁、姉のお弁当のおかず、、、、、、、。
全部一口ずつ、もしくは全く食べてくれない、
怒&悲。
みたいなね。
ほんの一例でね。

そんな子がいて、
いつもいない長女もいる夏休み。約40日。
どーしよーー、って思ったけど、
一瞬でオワタ。
結果楽しく終われた。てか追われた。

長女のお友達仲間7家族!とのキャンプから始まり、
実家、沖縄旅行、ディズニーオンアイス、ってとこですかね。メインとしては。
ディズニーオンアイスはパネー次女のせいで後半の美女と野獣とアナ雪、よりによって後半、まるごとロビーにいたけどね。

残りの夏休みは
お友達と遊ぶ予定をみっちり入れて、と。
そんなしてたら、一瞬だった♡
笑いあり、涙あり、イヤイヤあり、の夏休みでした。

そして、夏休み明けまして。
私の今の最大のテーマは、
母子分離の切ない秋。
このスーパーイヤイヤ期の超ガンコ親父次女を、
なんと週一で預け始めましてん。

まーー、これがまた。
こんなに泣く子おるんかね、って言われてそうなぐらい
ひたすら泣く3時間半。
胸が痛いけど、たまらない解放感。
いや、でも、
誰にも邪魔されずにお洗濯干せただけ。
そしてヨガに行けただけ。
そして久しぶりに弾き語りちょっとしただけだよ。
でも感謝がこみ上げます。
そんな余裕無かったから。ここ数年。
人間に余裕は大事です。

3時間半後に会った娘は、
泣き腫らした目で私を見つけ、手を伸ばしてきます。
そして安心して水分補給。からのお弁当どか食い。
水分補給もお弁当も拒否らしいので。
スーパーイヤイヤ期が、
更に警戒する心まで身につけて、私を困らせてきます。
が、そんなのもあと少し、ってのも知ってるから
それでも可愛がって付き合っています。

長女の成長っぷりはホントに切なくなるほどなので。
いつか次女もそうなっちゃうと思うと、
なんでもいい。
受け止めなきゃね。

さて、そろそろ余裕も出てきたし、
私は何者なのか、何をして生きていくのか、
ちゃんとそろそろし始めようと思います。
子育てで6年程、自分が誰なのかどうでもよくなっちゃってたので。

きっと、いや、絶対昔みたいには無理。
昔みたいには歌えない。
昔作ってたような歌はもう作れない。
でも、今の私にしか歌えない歌がある…かもしれない。
無いかもしれないけど。

とりあえず、
今はご近所のママとベビー達に
kindermusikやってるので、そこでお歌披露しながらしばし考えます。

皆様は、この秋いかがお過ごしですか?



# by nanaken4 | 2015-09-16 00:38